06-<< 2018-07- >>08-

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.13 (Mon)

六島灯台(岡山県・瀬戸内海の離島)

【六島灯台】
番号:4401

灯質・・・・・・・・等明暗白光 明3秒暗3秒(Iso W 6s)
灯高(海面~灯火)・・70m(※70.4m)
光達距離・・・・・・14海里(※14.5海里)
明弧・・・・・・・・204度~99度

塗色・構造・・・・・白塔形(※上部円形下部四角形コンクリート造)
灯台の高さ・・・・・13m(※12.5m、地上~灯火は10.5m)
点灯年月日・・・・・大正11年12月1日

IMG_7275.jpg

北緯・・・ 34 18.0N
東経・・・133 32.0E
所在地・・岡山県笠岡市六島字小六 6453

塔MAP
http://tower.30maps.com/map/100860



★カッコ内の※印のデータは海上保安庁などのサイトからのデータです。
 灯台表に載ってるのより少し詳細なようです。

★以前は光達距離が22海里あったようなのですが、
 平成20年10月28日より14.5海里に変更されているようです。
 レンズは変わらず灯器の変更なのかな?
 フレネルレンズを残してくれてるだけ有難いか…。
 おかげで国際番号[M5500]は外れてしまったようですね。
 (光達距離15海里以上の灯台には国際番号が付く)

------------------------------------------------------
★2012年1月22日(日)昼下がり・一般公開


六島灯台の一般公開に行ってきました。

世間一般では「灯台の一般公開」がメインではなく、
あくまで水仙祭りの一環ですが。
自分の中では六島灯台がメイン目的ですw


笠岡港から朝8:00の便で出発。
高島、白石島、北木島を順に経由し、
真鍋島にとりあえず到着。
そこで船を乗り換えて六島へ。

P1110166.jpg

…のつもりだったのですが。
なんと昨秋より航路&ダイヤが改訂されており、
ネットで調べたダイヤは違っていたとのことw

P1110174.jpg

真鍋島で乗り換え便を待つより、
笠岡に帰って六島便に乗った方が良いと言われました…。


なもんではるばる1時間強かけて真鍋島まで行きましたが、
行った船でそのまま笠岡まで帰る羽目にwww
優しい船員さんに帰りの運賃は融通して頂けたので、
2時間半の瀬戸内クルージングを楽しめたと思えば、
片道運賃では安くて良い思いが出来たなと前向きに考えましたw

P1110169.jpg

船旅の途中では沖ノ白石灯台が見えましたが、
曇ってて暗い条件、船室のガラス越し、
一眼レフはバッテリーを抜いてて使えずコンデジで撮影、
…の三重苦でまともには写せず、無念。

P1110177.jpg

で、笠岡に戻って仕切り直し。
港からすぐのショッピングセンターでケンチキを食べてエナジー充填、
笠岡港から再び高速船に乗り、いざ出発。

P1110178.jpg

P1110181.jpg

結構広くて快適な高速船。
1時間強、乗っていてもゆったりで疲れません。
足は伸ばせないけどね。

P1110180.jpg

途中で高島、小飛島、大飛島に寄って、
1時間強の航海の末、ようやく念願の六島の前浦港へ到着。

IMG_7298.jpg

P1110182.jpg

六島についてからは灯台への案内板もわかりやすくあり、
道も急坂ながらしっかりと整備されている。
道中は水仙が咲き乱れていてすごく綺麗だった。

P1110184.jpg

IMG_7287.jpg

写真の腕前に問題があるので美しい道中が伝わらなくて申し訳ないです。
灯台を目指すことに興味が98%向かってたもんで…w

IMG_7279.jpg

IMG_7211.jpg

水仙が咲き乱れる高台の上に立つ六島灯台。

P1110192.jpg

やや小ぶりな灯台だが途中までは螺旋階段で登れる。

P1110191.jpg

灯室・バルコニーへは最後は梯子になる。

IMG_7223.jpg

灯室からバルコニーに出るのはすごく窮屈な扉をくぐる。

IMG_7218.jpg

海峡を挟んで望むのが四国の荘内半島。
(上の写真の真ん中に写る島っぽいのが荘内半島)

IMG_7220.jpg

荘内半島の北端に立つのが讃岐三埼灯台。

IMG_7219.jpg

見えるかな?
拡大してみたら見えるはず。

IMG_7225.jpg

IMG_7230.jpg

五等不動フレネルレンズ。
上品な作りで小ぶりながら存在感は抜群。

IMG_7243.jpg

灯室は狭いが明るくとても居心地が良い。
座って壁にもたれ、レンズと天井、明弧のガラス越しの青空をずっと眺めていたくなる。
とにかく狭いけどw

IMG_7232.jpg

以前にはバルコニーの張り出しに非常灯もあったようですが、
今は無くなっている。
昔と違って灯器のトラブルとかも少なくなってるから?
灯台の光が消えてもGPSなどを頼りに航海できるから?

IMG_7213.jpg

初点プレート。
改築前の初代のプレートが見たかったなぁ。

IMG_7244.jpg

入口の門の表札。
霧信号所と無線方位信号所もあったのね。
灯台後ろの鉄柱が無線方位信号を出してるのかな?

IMG_7255.jpg

IMG_7267.jpg

IMG_7274.jpg

とても雰囲気の良い美しい眺めの灯台だったので、
またゆっくりと訪れてみたいものです。
船の時間もあるので難しいかもだけど、
点灯したところも近くで見てみたいな。
水仙だけでなく桜の時期とかも綺麗なんやろなぁ…と思いました。

スポンサーサイト
04:52  |  灯台巡り。  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.05 (Sun)

自転車ぶらり -120201wed-

★2012年2月1日(水)
休日に気が向いてみたので自転車でぶらり。
(愛機はGIOSカンターレを選択)

自宅より南西に向かい吹田を経由。
西に向かい尼崎の園田競馬場へ。
ちょうどメインレースの時間だったので写真を撮ってみる。
一眼レフで初めてのレース撮影だったがイマイチ…。
修行の必要性を感じましたw

IMG_7636_convert_20120204021714.jpg

2番の馬が粘るところを…。

IMG_7642.jpg

IMG_7643.jpg

外からぐいぐいと圧倒的1番人気の10番が伸びて差し切る!!

IMG_7644.jpg

IMG_7645.jpg


園田競馬場を出てからは更に西に向かい西宮へ。
とりあえず甲子園球場に寄ってみて、すぐ先の今津の港へ足を延ばす。
目的は大関酒造今津灯台。
現役では非常に珍しい木造灯台です。



…と、灯台巡りの詳細に関しては長くなるので

★前記事
http://yackru.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

を参照の事でよろしくですw

IMG_7684.jpg

静かで小さな港で眺める夕焼けと灯台はすごく綺麗でした♪


------------------------------------------------------
★今日の自転車走行データ。
走行機体:GIOSカンターレ号

距離     64,31 km
タイム    3:03:30
平均スピード 21,0 km/h
高度上昇値  428 m
カロリー   1.809 C
平均気温   5,7 °C
最高速    48,2 km/h
高度上昇値  428 m
高度ロス   421 m


※詳細は↓のガーミンコネクトのデータをクリック。


LAPを見たら帰り道は頑張ったなぁって感じですw
詳細をチェックできるので面白いですねぇ、Garmin Edge 500。
ちょっとハマりそうです。
02:10  |  自転車ぶらり。  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.04 (Sat)

大関酒造今津灯台 (兵庫県西宮市)

【大関酒造今津灯台】
番号:3632

灯質・・・・・・・・不動緑光(FG)
灯高(海面~灯火)・・7.7m
光達距離・・・・・・8海里

塗色・構造・・・・・黒塔形
灯台の高さ・・・・・6.7m
初点灯・・・・・・・不明

北緯・・・ 34 43.2N
東経・・・135 20.5E
所在地・・西宮市今津西浜町17

塔MAP
http://tower.30maps.com/map/105315
------------------------------------------------------
★訪問日・・・2012年2月1日(水)夕方


昼過ぎまでは曇っていた空が夕方前には晴れて、
灯台を眺めるには逆光ながら綺麗なシルエットでした。

IMG_7672.jpg

灯台表に「塗色・構造」が黒塔形とあるのはおそらくここだけですが、
要するに木造なのでこういう表記になっています。

IMG_7677.jpg

IMG_7663.jpg

付近はヨットハーバーとして整備されていて、
(灯台はヨットハーバーに入る船に対しての左舷標識)
こじんまりとした海浜公園みたいで整然としている。

IMG_7659.jpg

初点プレート代わり?
文化七年(1810年)建立
安政五年(1858年)再建
と読めます。

IMG_7648.jpg

その後、100年以上の年月を経て
1965年に解体復元され、

1968年に航路標識として海上保安庁から正式に承認されて、
海図や灯台表にも登載される民営灯台となり、

1974年3月に「木造袴腰付燈篭形行灯式灯台」の遺例として、
西宮市指定重要有形文化財に指定され、

1984年に創建当時の姿に再度復元されて現在に至るようです。

IMG_7684.jpg

IMG_7696.jpg

不動緑光ということで点滅や回転はしないので、
灯台っぽい光とはまた違う感じもしますが…。
ヨットハーバーに入る船には重要な左舷標識(緑光)なんでしょうか。
周囲には街頭も多く明るいのでシンボル的な感じもしますが。
02:55  |  灯台巡り。  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.04 (Sat)

はじめまして。

以前にも始めようと思い断念していたブログ。
今年こそは書き出してみたいと思って立ち上げてみました。

ちなみに前回使おうと思ったアメブロはあまり拡張性が無く、
使い勝手が悪そうだったのでFC2ブログに引っ越してみました。
書かないことには何も始まらないんですがね(苦笑)



書くことはのんべんだらりと趣味関係を。

・灯台巡りとその写真について
・その他、旅について(温泉や風景、食べ物についてなど)
・自転車でぶらり
・お気に入りのアイテム(自転車・カメラ・アウトドア関連など)について

……あたりがメインかなぁ?


他にも
・二次元(いわゆるヲタ関連)について
・競馬について
・プロ野球などスポーツについて

……などなどについても書くかも。
とりとめのない駄文・雑文書き散らかしになりそうですな。
三日坊主で終わらなければ(笑)


ツイッターなどでは長くなりすぎて書けなかったこととか、
mixiとかではマニアック過ぎて書きにくかったこととかを、
テキトーに纏めて吐き出す場として使いたいと思ってるので。
もし読んでやるって方がいらっしゃれば、
まったりとお付き合いよろしくお願いしたいですw


では、また。
01:51  |  その他ごちゃり。  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。